ぎっくり腰と冷え性の関係とは❓

TAG
治療
フィットネス
山本 佳代子

こんばんは!

TREE(ツリー)向日市の山本です

 

今日はぎっくり腰と冷えの関係性について、患者様への治療事例を参考にお伝えしていきますね‍😄

 

来院された患者様はふくらはぎから下の冷えが強く、普段から末端冷え性の自覚を持っていました。🙆‍♀️

では、体が冷えると筋肉はどうなるでしょうか

普段から冷えているという事はふくらはぎの筋肉が血流が悪くカチカチです。

ふくらはぎから腰まではずっと筋肉が繋がっています。

ふくらはぎの筋肉がカチカチの状態で生活をしていると、常に腰の筋肉が、硬くなったふくらはぎの筋肉をかばって過剰に動いている、

もしくはつられて硬くなっている

 

常に負担がかかっているという事になります。

 

 

その状態で中腰など、さらに負担をかける姿勢でいると…😱😱

たかが冷え、されど冷え。

油断大敵ですね…

 

朝晩の冷えこみが強くなって冷え性をお持ちの方は辛い季節になってきました😓

今のうちから少しでも対策を取っていきましょう👍

 

身体を温める効果のある

・しょうが

・大根

・ごぼう

・柿

など

旬の食材も積極的に取るとGood🙌

 

 

鍋料理など、煮炊き料理がオススメです!

 

 

 

 

さて、次回は

万が一ぎっくり腰になってしまった場合の

対処方法をお伝えします!

 

お楽しみに✨

 

 

お悩み解決例 一覧

サービス一覧
サービスと料金に
ついてはこちら
ご予約・お問い合わせ
075-555-9342
お気軽にお電話ください 075-555-9342 受付時間 9:00〜21:00会員登録不要! メール予約 24時間受付