ドケルバン病について

TAG
治療
小見山 俊也

ドケルバン病とは

 

母指(親指)を広げると手首(手関節)の母指側の部分に腱が張って皮下に2本の線が浮かび上がります。ドケルバン病はその母指側の線である短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背側にある手背第一コンパートメントを通るところに生じる腱鞘炎です。

 

引用:日本整形外科学会

https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/de_quervain_disease.html

親指の痛み

 

TREE(ツリー)に来られる患者さんは、

親指の付け根が痛い

手首を小指側に倒すと痛い

親指を使うと痛い

力が入らない(入れると痛い)

手首が腫れてきた

 

などの症状を訴えて来院される事が多いです。この症状は親指の酷使により症状が発症します。そしてこの症状は治るまでに時間がかかる方が多いです。その原因は、親指はかなり仕事が多いからです。そうなの?と思われるかもしれないですが、スマホ・PCを打ったり、物を持ったり、何かをする時は基本的に親指を使います。そのため、安静にする事が難しいので使いながら治していかないといけない症状だからです。

 

■ 原因

親指を上げる筋肉と親指を外に開く筋肉の使い過ぎで筋肉が硬くなります。手首にその二つの筋肉が通るトンネルがあり、筋肉が硬くなりと動きが悪くためトンネル内で炎症が起き、腱鞘炎になります。これがドケルバン病の原因です。子育て中のお母さんや更年期、手をよく使う仕事をされてる方が発症しやすいです。

 

■ TREE(ツリー)の治療方針

ドケルバン病の根本的な改善の最終的なポイントは、使い方習慣の改善にあります。

指の筋肉が固くなる原因は、オーバーユース・前腕部(肘から手首)の柔軟性に問題があることが多く、いくら優れた施術でその場の痛みが改善したとしても、同じ生活を送っていては同じように筋が固くなり、結果症状が戻ってしまいます。

 

TREE(ツリー)では、まずは、問診にて痛みがどの範囲にみられるのか、どのような行為に伴って症状が増悪する傾向があるのかなどを確認します。また使い方・頻度などを詳細に評価します。

筋肉が硬くなれば腱鞘に負担がかかることが多く、検査で前腕部の柔軟性の悪さ、筋力低下などの自分では気づけない症状も見つかります。私たちは見えない症状へもアプローチしていきます。

治療は、痛みの軽減させるために、深部までとどく超音波治療器や特殊電療ハイボルテージ、この2つを組み合わせたコンビネーション治療で、直接痛みの原因の部分にアプローチし、早期に痛みをとります。同時に根本の原因の前腕部の筋肉を治療していきます。TREE(ツリー)では、独自の治療技術で痛みの出ている箇所のみではなく、痛みの原因になっているところにアプローチします。体をボキボキ鳴らすような施術ではなく、痛みの無い、体の使い方も整える施術です。マッサージに行って身体が楽になったけど後で痛みがぶりかえしたり、他の整骨院・接骨院で適切な施術を受けられなかった多くの方が、TREE(ツリー)独自の技術で症状が改善しています。

 

前腕部の筋肉への手技やストレッチで痛みの緩和がさらに期待できます。手の柔軟性を出してあげるだけである程度症状が改善されます。

そして、症状を悪化させる動作や習慣を控えるように指導します。しっかりした問診により、原因となる動作を把握していますので、患者様一人一人に最適な動作改善や、ストレッチ、必要であれば筋力トレーニングをご提案します。

 

TREE(ツリー)では、痛みの出ているところだけではなく体全体、そして動作や習慣にもアプローチすることで、ドケルバン病の根本改善を目指しています。

お悩み解決例 一覧

サービス一覧
サービスと料金に
ついてはこちら
ご予約・お問い合わせ
075-555-9342
お気軽にお電話ください 075-555-9342 受付時間 9:00〜21:00会員登録不要! メール予約 24時間受付