足の着き方を変えるだけ!!膝痛予防&スポーツのパフォーマンスアップ!!

TAG
トレーニング
本郷 達也

こんばんは!

TREE(ツリー)向日市店の本郷です!

 

今夜は足シリーズ第2弾!! 足の着き方についてご紹介します!!

 

【足の着き方を変えるだけ!!膝痛予防&スポーツのパフォーマンスアップ!!】

 

 

まずはじめに、鏡の前で片足立ちになってしゃがんでみてください!!

(この体勢をとってからしゃがむ)

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな動きになりましたか?

 

 

 

 

皆様は、正しくしゃがめますか?正しく歩けていますか?

 

正しい足の着き方をすれば、膝への負担が少なくなります!

また、正しい足の着き方をすれば、スポーツをされている方にとっては競技のパフォーマンスアップにつながります!

 

 

 

 

 

【足の着き方の違いによる身体への力の伝わり方の違い】

 

 

 

 

(1)しゃがむ動作もしくはジャンプやジャンプの着地時の姿勢について・・・

悪い例(足先が外側へ開いたまましゃがむと膝が内側へ入りすぎて膝への負担が大きくなる。)

こんな姿勢だと地面を蹴った力は膝のところで弱まり、上半身まで伝わらない。

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良い例(左右の足先が平行になっていて膝が内側へ入ることなくしゃがむ動作が出来ている)

この姿勢だと地面を蹴った力は上半身へとスムーズに伝わる。

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2)踏み込む動作について・・・

 

 

 

悪い例1(足先が外側へ開いた状態で踏み込むと膝が内側へ入りすぎて膝への負担はとても大きく大変危険です!)

膝前十字靱帯断裂、半月板損傷、内側側副靱帯損傷の原因となる危険な姿勢です。

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪い例2(足先が内側へ入りすぎて踏み込んでしまった場合は足を捻挫する危険性が高いです!)

足関節内反捻挫の原因となる足の着き方です。靱帯は切れるともとの強度には戻りません!気をつけましょう!

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良い例(膝が内側へ入ることなく、地面を蹴った力はまっすぐ上半身へ伝わっていきます!)

①膝の負担が少ない!②より強い力で地面を蹴ることができる!

足の着き方に注意するだけ! 一石二鳥ですね!!

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足の着き方(足先の向き)によって、膝から上の身体へ及ぼす影響はこんなにも違いがあるんですね!!

 

今一度、きちんとしゃがめるか、鏡の前でやってみてください!!

 

 

ぜひ一度、お気軽にご相談ください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

お悩み解決例 一覧

サービス一覧
サービスと料金に
ついてはこちら
ご予約・お問い合わせ
075-555-9342
お気軽にお電話ください 075-555-9342 受付時間 9:00〜21:00会員登録不要! メール予約 24時間受付